ブログトップ

ABSOLUTELY COLORFUL

colori2008.exblog.jp

<   2009年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

i am chocoaholic

c0170307_1411445.jpg

チョコレートって、普段はその存在を忘れているのに、うっかりちょっとでも食べてしまうと、帰り道のコンピニでアルフォートやら明治の板チョコを買わずにはおれない困った中毒症状が始まってしまいます。
そして多分、1年のうちの4分の1くらいはチョコレートを意識した生活をしているてんちょーヨシダです。(ちなみに、コーヒーに関しては、毎日かたときも忘れられないくらい濃密な関係を保っています)

そんな私には理想のガトーショコラがあります。
きっぱり。

私はカフェに行ってもあまりケーキを頼まないのですが、レストランで食事したときは必ず食後のデザートを注文します。前菜からメインまで正統な順番に乗っ取った素敵なお食事をしたときはなおさら、デザートとコーヒーでその流れを締めくくりたいものです。
それはたとえば、小説の巻末のあとがきみたいなものです。宴会の最後の一本締めみたいなものです。正月の昆布茶に入ってる小梅みたいなものです。
なくてもいいけど、なければないで、「なんだかなー」って感じの気分になります。

で、まあ、食事をしたレストランのデザートメニューにガトーショコラがあれば、とりあえずまず第一候補に上がってきます。ちなみに、ガトーショコラと同じくらい強いアイテムとして上ってくるのは、クレームキャラメルです。(クレームキャラメルについてもいつか熱く語りたいと思っています)
あとは、パンナコッタとか、カタラーナとか、カッサータとか、クレームブリュレとか、そういったオーソドックスなイタリア、あるいはフランスのデザートが続きます。(ちなみに、和食屋さんなら、みつ豆があれば決定です)

でも、パンナコッタやらカタラーナは、どこで食べても一様においしいのですが、ガトーショコラとクレームキャラメルだけは譲れないこだわりがあるので、自分の好みに合ったものと出会うのは結構まれです。

ガトーショコラはやっぱり、ザ・チョコレート!ってくらいにチョコが濃厚なのがいいです。側面が少し高くて、中央が少し凹んでる形が正統です。フォークを持つ手にぐっと力が入るくらいぎっしり詰まってるのが最高です。
甘すぎない大人の味であってください、お願いです。横に添えられた生クリームは当然、植物性ではなく動物性でなければ萎えます。

というわけで、最近食べたガトーショコラで、「これだよこれ!」と思ったのは、西陣のカフェ「レ・トワ・メゾン」のガトーショコラでした。大きくて、ぎっしりしてて、濃厚で、香りのいいガトーショコラでした。もう一回食べたいな。

そんなわけで、こだわりが多いのと、わりと工程が多くて難しいので、ガトーショコラを自分で作ることは敬遠していたのですが、今年は「挑戦してみよう2009!」をスローガンにしているので、やってみることにしました。

お菓子作りをする人には有名な、ヴァローナという、フランスのとってもおいしいチョコレートを使っています。いやあ、なかなかおいしいっすよ。そして、今後の成長にも期待あれ。
[PR]
by colori_caffe | 2009-02-25 14:03 | food at colori

科学の時間です。

c0170307_14361514.jpg

こんにちは。
ブログ見てるよと言われると照れるのですが、
内心とても嬉しいてんちょーよしだです。
褒められて育つタイプの子です、よろしくです。

さて、新作デザート第2弾写真です。
「バニラとオレンジのシフォンケーキ」
オレンジマーマレードとバニラビーンズを使ってます。
最近シフォンケーキの作り方をいろいろ試してるのですが、
卵黄に油と牛乳と粉を合わせるところもハンドミキサーでやるレシピを見つけて
半信半疑で取り入れてみました。
そうすると、驚くほどキメの細かい、
赤ん坊のお肌みたいにふわふわでしっとりしたシフォンが焼けました。

普通、ケーキを焼くときは粉をあわせるときにさっくり混ぜるって言うでしょ?
このシフォンケーキの場合は、
逆に粉をぐるぐる混ぜちゃってグルテンを形成させるんです。
そうすると、後から合わせるメレンゲとグルテンが
気泡の一粒一粒できっちり手を繋いで
ぐんと、しかもキレイに膨らんでくれるんですね。
(というイメージで解釈してるんだけど、合ってるかな?)

お菓子作りは科学ですね。
私は理科は苦手なので、
いまだにお菓子作りの苦手意識が拭えません。
逆に、料理はインスピレーションなので、
絵を描いたりモノを作ったりするlのに似ています。
あれとこれを組み合わせたらどんな味になるだろうって想像するのです。
でも、お菓子をインスピレーションだけでやっちゃうと
とんでもないものができあがったりするので、
やっぱり知識とか、注意深さとか、繊細さが必要となります。

そんなわけで、コロリのデザートは、
なるべく深い知識とか細かい計量とか極端な注意深さが必要じゃない
素朴でシンプルで明快なお菓子なのです。
と大胆告白。
それでもまあ、ちゃんと気を配ってますよ、もちろん。

さあ、今日は天気が良くって気持ちいいです。
みなさん、お散歩がてらお茶をしにいらしてください。
[PR]
by colori_caffe | 2009-02-21 15:02 | food at colori

春が楽しみ!

c0170307_19512274.jpg


こほん、発表です。

コローリ・カフェは、春に向けて、マイナーチェンジを始めました。
営業時間の変更も春の準備企画第1弾だったのですが、
実は、人知れず、新しいデザートがぞくぞくと登場しています。

写真のトキメキカラーのデザートはパンナコッタです。
パンナコッタは、生クリームを煮詰めてゼラチンで固めたデザートですね。
生クリームだけだと重くなりがちなので、ミルクを加えて軽く仕上げてみました。
マチェドニア(フルーツのリキュール漬け)とキャラメルソースを添えてお出しします。
食感のアクセントにのっけたプラリネナッツ(ナッツをキャラメリゼしたやつ)が
なかなかいい役目を果たしています。
これは、ぜひ、お試しあれ!

その他のニューフェイスは、
「ガトーショコラ」と「バニラとオレンジのシフォンケーキ」です。
ガトーショコラが登場したおかげで
ココアのシフォンケーキはレギュラーの座を失い、
その代わりにバニラとオレンジのシフォンがルーキーとして表舞台に出てきました。

これでコローリ・カフェのショウケースには、
・ニューヨークチーズケーキ
・バニラとオレンジのシフォンケーキ
・ガトーショコラ
・ティラミス
・クレーム・キャラメル
・パンナコッタ
の常時6種類がスタンバイしていることになります。

3月までにはディナーメニューもマイナーチェンジしますよ。
コロリに多い、お一人様のお客さんと、
もっとゆっくりゆったり食べる楽しみを分かち合えるように、
前菜とパスタをメニューから好きに選んで組み合わせられる
カジュアルなコースを登場させる予定です。
お二人様のお客さんには、
シェアして食べる楽しみを、ということで、
前菜とパスタとメインをメニューから選べるコースをお作りします。

それならは食後のデザートにも選べる楽しみを、
ということで、デザートメニューも増やしたわけです。

どうですか、楽しみでしょう?
私も楽しみです。

コローリ・カフェの今年のテーマは、
「食べる楽しみ、ゆっくりした時間を過ごす楽しみ、
テーブルを囲んで広がる会話の楽しみを
みなさんにお届けしたい2009!」です。

どうぞこれからもよろしくなのです。
[PR]
by colori_caffe | 2009-02-12 20:53 | food at colori

営業時間変更のお知らせ

2月より、営業時間を変更しました。

lunch 12.00-14.30 L.O.
dinner 17.30-22.00 L.O.
cafe 12.00-22.30 L.O.

夜の時間を少し延ばしたので、
ちょっとゆっくりしてもらえると思います。
あと、閉店時間はあえて設定していません。
食後の時間を少しでもゆっくりゆったり楽しんでください。

ご来店お待ちしております。
[PR]
by colori_caffe | 2009-02-03 09:23 | colori infomation