ブログトップ

ABSOLUTELY COLORFUL

colori2008.exblog.jp

<   2010年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

シンプル・イズ・ベスト

突然ですが、毎日でも食べられるものってありますか? 
私は、白ご飯と漬物です! イタリア料理やっててそれはないだろうという声は無視して、最近は梅干をおかずに白ご飯をぺろっと3膳分くらい食べます。ご飯ラブ。
はい、そんな根っからの米食い民族代表の私ですが、パスタなら毎日食べても飽きないし、飽きないシンプルなパスタを作りたいと思っています。(と、あっさりと翻ってみる)

そして、この人、最近同じスパゲティーばかり食べてます。(笑)
 ↓
c0170307_16233080.jpgこの嬉しそうな笑顔!
作った私も嬉しい!
これは、コロリの定番メニュー、「トマトとモッツァレラチーズのスパゲティー」です。フレッシュのバジルがあるときはバジルを入れて、ないときは自家製のバジルペーストをちょろっとかけます。トマトとモッツァレラチーズとバジルの組み合わせはイタリアンの定番中の定番ですね。この3種類の食材を塩とオリーブオイルだけで食べるサラダは、カプリ風サラダ(インサラータ・カプレーゼ)と言われますね。赤・白・緑の3色がイタリアの国旗の色ですね、オッシャレー!
(あ、そっか、私もいつかレインボーカラーでサラダ作って、コローリサラダというのを考案しよう。)


というわけで、食べる前のそのスパゲティーはこちら。

c0170307_1631594.jpg


そういえば。
以前一緒に働いていたスタッフのミヤケ君が久しぶりにコロリのパスタを食べに来たときに、とても嬉しいことを言ってくれたのを、いま思い出しました。(この人、たまにものすごく気の利いたことを言う) そのとき彼は、彼のいちばんのお気に入りのプッタネスカを食べていたのですが、こんなことを言うわけです。
「いやぁー、やっぱ、ホッとしますねえ。ずっと同じ人の飯を食ってたのって、母ちゃんと婆ちゃんと、てんちょーくらいですもん」
母の味ならぬ、てんちょーの味ですね。そんな言われ方、ちょっとないですね。てんちょー、ちょー嬉しい。

特別美味しいとか、特別スゴイとかじゃなく、地味でもいいから、滋味のある料理を作りたいです、はい、シャレですみません。
[PR]
by colori_caffe | 2010-04-23 17:02 | food at colori

みんなで「MILK」を見よう

c0170307_17542394.jpg
コロリでは、金曜の夜だけ営業時間を延ばして、"Q.bar"というバータイムを設けています。Q.barの"Q"は、"queer(クィア)"の"Q"。

はい、ここで豆知識。queerとは、「奇妙な、風変わりな、不思議な」という意味を表す言葉で、もともとは、主に男性同性愛者を呼ぶ別称、差別用語として使われていました。蔑みや嫌悪感を持って使われる、「オカマ」や「ホモ」という言葉と同じようなニュアンスですね。しかし、「オカマ」や「ホモ」の当事者たちが、差別意識を逆手に取り、ラディカルに、むしろ自己肯定的に"queer"を自称しだしたことで、今ではセクシュアルマイノリティーを包括的に指すポジティブな言葉になりました。日本のセクシュアルマイノリティーも「クィア」という言葉を良く使いますし、また、同じようなスタンスで「ヘンタイ」という言葉も使います。しかし、この辺の用語というのは多岐に渡っていますし、それぞれの時代背景や社会状況によって変わるので、定義しにくい言葉ではあります。

というわけで、メルティング・ポットではなくビューティフル・モザイクを目指すコローリカフェの"Q.bar"は、ゲイ/レズビアン/トランスジェンダー/ストレートなど、セクシュアリティーに関わりなく、全てのオープンマインドな人たちに開放するハッピーナイトです。

普段の営業と特に何が変わる、というわけでもないのですが、たまにクィアフィルムを上映したりしています。上映といっても、プロジェクターからの映像を壁に投影させる簡易なものなので、お酒を飲みながらチラチラ見てもらえるといいなあって感じの軽いノリですが。
いままで流した映画は、「プリシラ」「ウォーターメロンウーマン」「ショートバス」「ヴォイス・オブ・ヘドウィッグ」「メゾン・ド・ヒミコ」「ハッシュ」です。
最近寒さのせいか、Q.barの集まりが悪いのですが、月に2回くらいはクィアフィルムを上映していきたいなあと考えています。題して、「Q曜ロードショー」!! (うまい!)

c0170307_17525584.jpg


と、ここで急ですが告知。
4月25日(金)の「Q曜ロードショー」では、映画「MILK」を上映します。
もはや説明不要の「MILK」ですが、ざっくりストーリをAmaz●nさんから引用しますと、

==
1970年代アメリカ、同性愛者であることを公表してアメリカで初の公職に就いたハーヴィー・ミルクの波乱に満ちた短い人生を感動的に描く。
1972年ニューヨーク、ミルクは20歳年下のスコット・スミスと恋に落ちる。2人はサンフランシスコに移り住み、自由な空気のカストロ地区で小さなカメラ店を開く。やがてミルクは同性愛者、有色人種、シニア層など社会の弱者の “声”を伝えるべく政治の世界へと飛び込む。そして1977年、4度目の出馬でサンフランシスコの市政執行委員選に見事当選し、マイノリティを支援する条例を実現するための行動を推し進める。しかし、翌1978年11月27日、彼は志なかば敵対する市政執行委員の凶弾に倒れた。
彼の人生最後の8年間、いったい何があったのか・・・。
==

という、社会派映画です。とても素晴らしい映画でした。アカデミー賞授賞式でのショーン・ペンのスピーチも、脚本家のダスティン・ランス・ブラックのスピーチも感動的でした。

そんなわけで、みなさん、Q.barに遊びに来てください!

Q.bar time on every Friday
22.00 -- 24.00 (last order) / 25.00 (close)
[PR]
by colori_caffe | 2010-04-15 18:18 | colori infomation

春よ

c0170307_16541652.jpg

雨の4月1日です。
なかなか春めいてくれませんね。この間なんて雪まで降って、この世からうららかな春はなくなってしまったんだろうか、とぼやきたくもなりますが、コロリで小さな春が見つかりました。

店内に、私がとても大事にしている観葉植物があります。これは、30歳の誕生日のお祝いに、そのとき一緒に働いていた仲良しの友達とスタッフから頂いた大きな大きなパキラです。節目の年に大事な仲間からもらったということもあり、絶対枯らしてはいけないと思ってたんですが、今年の冬の寒さで結構弱っていたので心配していてしました。
そのパキラさんの幹の下のほうから新芽が出ていました! あらあらこんなとこからコンニチハという感じです。枝の先からも新芽がたくさん出てきていて、毎朝それらをチェックしては、うん、やっぱり春はやって来るんだね、とそっと肩に置かれた手に頷きたくなるような気持ちになるのです。

というわけで、4月の予定!

5日(月) 定休日
12日(月) 定休日
19日(月) 定休日
25日(日) ★THE L NIGHT 7★(貸切パーティーです。通常営業はいたしません)
26日(月) 定休日

暖かい春を迎えよう。
[PR]
by colori_caffe | 2010-04-01 16:56 | colori infomation