ブログトップ

ABSOLUTELY COLORFUL

colori2008.exblog.jp

この世界でいちばん美しいもの

c0170307_1551212.jpg


冬の間は最新式の機能的な冷蔵庫のように静かだったコロリですが、夏へのわくわくするムードが温度と湿度とともに上昇するにつれて、人々の笑い声で賑わう夜が増えてきました。たくさんの人が、ここで、お食事やお喋りを楽しんでくださっています。その幸せの空間の中に身を置いていると、私は、ニヤニヤする顔を抑えることができません。なんて幸せな仕事なんだろう。

先日の夜、カウンターに3人の友達が座っていました。彼女たちは、それぞれに、別々のきっかけやタイミングでコロリに来るようになった人たちです。ある人は近所に住んでいて、ある人は職場の友人に教えてもらって、ある人は別のお店で知り合った人に紹介してもらって。きっかけやタイミングは違っても、みんなレインボーフラッグの下に集まってくるハッピーなクィア達です。

その夜、お酒を頂いて少し調子に乗っていた私は、彼女らにこんなお題を吹っかけました。
「あなたにとって"世界でいちばん美しくてかけがえのないもの"は何ですか?」

実はこの日の昼、私はこの命題を、別の友達から聞いたのです。彼女もまた、レインボーフラッグの下に集まってくる一人です。
彼女は、それは「希望」だと言いました。
「希望」
美しい言葉です。

そして、3人のうちの一人は言いました。
「子供の『おかーさん!』と言って私を求めて泣く声かな」
これもまた泣けるくらいに美しい話です。

何をするにしても、どこにいるにしても、自分にとって「世界でいちばん美しくてかけがえのないもの」を大切にできる生き方をしていたいね。この命題をくれた友達はそんなことを言っていました。

私にとって「世界でいちばん美しくてかけがえのないもの」は「仲間」です。
レインボーフラッグの下で出会ったたくさんの人たち、レインボーフラッグが引き寄せてくれた人たちを、私は「チーム」のように感じています。

私にとって、彼ら彼女らがゲイであるか、レズビアンであるか、バイセクシュアルであるか、ストレートであるか、結婚しているか、子供がいるか、年齢も、国籍も、肌の色も、さほど問題ではないのです。彼ら彼女らと、旗を見上げて暖かくなるこの気持ちを共有できたとき、私は彼らのことを「みんな」と呼びたくなります。
そして私はそんな「みんな」に支えられて、今日もここ千本出水でパスタを茹でています。

ここに来てくれる「みんな」はとても個性的です。それぞれ様々な仕事や勉強や恋愛や家事や活動や妄想をしています。だけど、共通していることは、コロリを好きでいてくれているということです。私がコロリを大事だと思うように、みんなもコロリを大事な場所だと思ってくれています。私がコロリのレインボーフラッグを綺麗だと思うように、みんなもコロリのレインボーフラッグを綺麗だと思ってくれてます。だから、私と「みんな」は、その点において同じ場所に立っています。

これはコロリのユニークなところだと思うのですが、私と「みんな」との関係は、店主とお客さんという、ある種の利害関係を飛び越えて、レインボーフラッグの下で、対等な人間としての関係を作っています。そして、「チーム」を形成する「みんな」は、まさにモザイクのように様々な色を持っていて、私はその色の一つ一つを大切に思っています。
だから、とても逆説的な言い方ですが、私にとって、「みんな」は「ひとり」なのです。どれだけここに来てくれる「みんな」の数が増えても、私にとってあなたはあなた一人で、私とあなたとの関係はどこまでいっても1対1です。私は一人一人と会話をし、一人一人の名前を覚えようとメモに残して、一人一人に一皿一皿のパスタを茹で続けます。
忘れちゃいけない大事なことです。

何をするにしても、どこにいるにしても、自分にとって「世界でいちばん美しくてかけがえのないもの」を大切にする。
That's the only way to be happy.

というわけで、今日もここに集う人たち、私も含めてみんながハッピーであるように、おいしいもの食べて飲んでお喋りしましょうよ、と思うのです。
That's the easiest way to be happy!
[PR]
# by colori_caffe | 2010-07-01 15:04 | colori days

priceless

c0170307_23341113.jpg

レインボーフラッグを振ってるコロリには、"若葉マーク"から"筋金入り"まで、経験も、持ってる知識も主義も様々なLGBT(レズビアン/ゲイ/バイセクシュアル/トランスジェンダー)がやって来ます。
個人のアイデンティティを段階で表現するのは嫌いなので、"若葉マーク"というのはあくまで冗談ですが、重いクローゼットの扉を開けたばかりの人や、開けようかどうか迷っている人。 そんなステージにいる人と話すときは、私は常に自分がそこにいた頃のことを念頭に置いて、彼らの話しを丸ごと聞くようにしています。

今日の昼下がりに来た女性も、自分の周りを覆っている、見過ごせる程には半透明だけど、やりすごして生きていくには窮屈すぎる"殻"を一枚破ろうとしているところだったそうです。

今日現在のところ、彼女にとっては私こそが唯一の"動く生身の"女性同性愛者です。
"生身の"レズビアンに出会えた喜びと、自分の核心とも言える部分を初めて人に打ち明けたときのその興奮と開放感は、彼女を生き生きとした笑顔にさせました。

こうしたステージにいるLGBTに、いつも私がおこがましくも言うことは、「お友だちをたくさん作るといいよ」ということです。自分には仲間がいるんだと思えるところから開ける世界は、温かくて明るい。それは私が経験から知った大切な大切なことのひとつです。

それから、ちょっとした勇気とタイミング。店に入ろうとした勇気やタイミング、てんちょーに声をかけようとした勇気やタイミング。それはちょっとしたことだけど、明日からの日々をガラっと変えてしまえるきっかけにもなる。そんな勇気やタイミングを、いざというとき掴んで踏み込めるように、いつもココロをニュートラルに保つこと。
そんな話しをしていました。

帰り際、降り続ける雨を前にしても、彼女は満面の笑顔です。
数日振りにカーテンを開けた朝のような、そんな清々しさも感じます。そして彼女は地元の広島弁で言いました。

「今日は記念日じゃ! プライスレスじゃ!」

私にとってもプライスレスな出会いです。
出会いにいつも感謝。
[PR]
# by colori_caffe | 2010-06-13 23:48 | colori days

おしゃれなおじいちゃんと虹

c0170307_20504094.jpg

コロリの近所に、おしゃれなおじいちゃんが住んでいます。
歳はおそらく70代前半くらいで、現役時代はデザイナーをしていたおじいちゃんのある日のファッションは、ラルフローレンのグリーンのニットに濃いインディゴのジーンズ。ジーンズの裾を少しだけ折り返し、足元はくるぶしソックスに、履きこんだ革のデッキシューズでした。シンプルで過不足のない上品なアメリカンカジュアルです。

おじいちゃんは、いつもコロリと私のセンスを褒めちぎってくれます。店の黒板やらガラスやらに書いてる私のハンドライティングを「味がある」と何度も何度も褒めてくれます。そんな素敵なおじいちゃんです。

以前、コロリが千本に戻ってきた当初、旗じゃなくてレインボーシールを窓に貼っていました。小さなしるしだけど、わかる人にわかってほしいと密かに期待していたのです。

ある日、私が外で掃除をしていたとき、おじいちゃんが通りかかりました。そして、レインボーシールを指差し、「これはどういう意味なんですか?」と聞いてきたのです。
私はかねがね、おじいちゃんは頭が柔らかい人だと思っていたので、きちんと説明するつもりで、「これはですねぇ」と話し始めました。

すると、おじいちゃんは、
「いや、僕は知ってるんですわ。あなたも知ってて貼ってるのかと思って聞いてみたんです。そうか、あなたがボーイッシュなのはそうですか。日本人はこの意味をあんまり知らないですねえ。昔シドニーオリンピックで日本選手団がレインボーの旗を持って行進したときはビックリしたものです」
と言ってガハハと笑いました。
それから、「そいじゃ」と言うかように手を上げて出掛けていきました。

そしてまたある日、おじいちゃんがお友達のおじさんとコロリでお茶をしてくれていたときのことです。
おじさんが私に、
「(まったく嫌な気分にならない言い方で)あなたはボーイッシュやけど、女の子やな?」と聞いてきました。
私が「そうですよ(ニコニコ)」と答えると、おじいちゃんがおじさんに言いました。
「店の前にな、レインボーの旗が立ってまっしゃろ? あれがこの人のシンボルマークですわ」

おじさんはレインボーの意味を理解してなくて、数秒キョトンとした後に、
「そうか、あなたはボーイッシュが売りなんやな」と言ってにこやかに笑いました。

千本には虹の旗が揺れるカフェがあり、それをにこやかに見守ってくれる人がいます。

そんなおしゃれなおじいちゃんと虹の話でした。
[PR]
# by colori_caffe | 2010-06-13 22:04 | colori days

Happy Pride!!

Thank you for so many reservations for THE L NIGHT vol.8! We closed acceptance for The L Night since it got full.
たくさんの予約、ありがとうございました。THE L NIGHT vol.8 は定員に達しましたので受付を終了いたします。
c0170307_1033399.jpg


6月は『PRIDE MONTH』といって、世界各地でLGBT(レズビアン/ゲイ/バイセクシュアル/トランスジェンダー)のパレードやイベントが行われます。

1969年6月28日未明、 ニューヨークのグリニッジビレッジにある「ストーンウォールイン」というゲイバーに 警察の踏み込み捜査が行われました。当時のアメリカでは同性愛は違法で、こうした踏み込み捜査が日常的に行われていました。 しかし、その日のゲイやレズビアンたちはいつもと違っていました。彼らは警察に対して蜂起したのです。暴徒と化したゲイやレズビアンたちの攻撃は容赦なく、その夜、2000人を超えると見られる同性愛者らが400人の警察官と戦いました。

これを、ストーンウォールの反乱(Stonewall riots)といいます。
抑圧されていた同性愛者が初めて声を上げた歴史的な事件であり、これを機に、同性愛者の権利運動が活発化していきました。エポックメイキングな出来事なのです。

そんなわけで、このストーンウォールの反乱をお祝いして、自らのセクシュアリティーや多様な性のあり方を誇り高く謳おうと、6月にプライドパレードを行うところが多いのです。

コローリカフェの店先には、ご存知、大きなレインボーフラッグが揚がっています。
これは、前の世代の同性愛者たちが、プライドを持って差別や偏見と戦ってきてくれた証でもあります。

と、いうわけで。

まあ、小難しいことをうだうだ書きましたが、 何が言いたいかというとですね、 「みんなでお祝いしようよ!」ってことです。

はい。

掛け声は、「ハッピープライド!」
日々をカラフルにしてくれる素敵な言葉です。

The L Night vol.8 は6月27日開催予定です。
詳細はこちら!(別窓で開きます)
[PR]
# by colori_caffe | 2010-06-04 16:57 | colori days

6月の予定(気の早いVer.)

c0170307_1901594.jpg

こんにちは。爽やかに、潔く、刈り上げた髪の毛が好評のよっしーです。

毎日、とっても気持ちの良い日々が続きますね。そんな近頃のコロリには、東側の出入り口と南側のガラス戸を全開にして、オープンカフェ風味が添加されました。窓際に座れば、昼からキリっと冷えた白ワインや、ギュっとレモンを絞ったカンパリソーダを飲みたくなることうけあいです。風の谷から風が吹き抜けます。風の谷の風は、ときどき千本通りのゴミを運んできてくれます。

さて、前回、5月の半ばで5月の予定をアップしたもんだから、「てんちょー、なんですか、あれは。みんなゴールデンウィークの営業予定が知りたいのに、終わってから『やってました』はないでしょ。ちゃんと更新してくださいよ」とお叱りを受けました。で、ですよねー。(苦笑)

はい。やればできる子代表のてんちょーは6月の予定を6月が来る前にアップするのです。早すぎるとか言わないでね。(笑)

=6月の営業予定=

6/ 4(金) Q.bar
 / 7(月) 定休日
 /11(金) Q.bar
 /14(月) 定休日
 /18(金) Q.bar
 /21(月) 定休日
 /25(金) Q.bar
 /27(日) The L Night 8 (詳細UPしました。別窓で開きます)
 /28(月) 定休日

*Q.barとは?→ここを参照

このほか突発的に気まぐれにランチをお休みしたりするかもしれません。いわゆる不定休です、ごめんなさい。最新情報はツイッターでお知らせなうしていますので、フォローお願いします。
コロリ公式ツイッター>> http://twitter.com/colori_caffe

5月最後の1週間、みなさんも、ハッピーに、カラフルにお過ごしください。
[PR]
# by colori_caffe | 2010-05-25 20:00 | colori infomation

キミはkansaisceneを知ってるか?

c0170307_2074496.jpg

関西に住む外国人のためのフリーペーパー"kansaiscene(カンサイシーン)"にコローリカフェが載りました!

というのも、カンサイシーンの編集部に、コロリの4年来のお客さんでもある友人が勤めだしたからというご縁なのですが、カンサイシーンから取材のオファーを受けたライターさんも、コロリを良く良ーく知ってくれてる京都在住オーストラリア人だったという、偶然の重なり合わせで実現した記事です。エイミー、サリーさん、アルビー、どうもありがとう!

というわけで、何が書かれているかというと、どうしてコロリにレインボーフラッグが揚がっているかということや、The L Night を始めた経緯やそれに対する思い、コロリをどんなお店にしたいか、というようなことが書かれています。興味のある方はお店に置いてあるカンサイシーンを手に取ってお読みください。まあ、私が翻訳してここに載せればいいのですが、いつか時間のあるときにね、と言って逃げつつ、いやでもね、サリーさんがとても分かりやすくて美しい文章で書いてくれたので、是非原文で読んでみてほしいのです。 

これで、コロリが「京都のプラネット」と呼ばれる日もそう遠くないでしょう。
[PR]
# by colori_caffe | 2010-05-25 17:04 | colori infomation

五月晴れ

c0170307_15414631.jpg

ちょっとぶりです、こんにちは。
GWは思ってたよりも忙しくて、わっせわっせと楽しくめまぐるしいコロリでした。連休中に来ていただいたみなさん、ありがとうございます。ご家族で来てくださったり、遠方よりお越しいただいたり、ツイッターを見て来ていただいたり、普段とは違うお客様にお会いできました。どうもどうも、ありがとうございました。また来てくださいね。
というわけで、今日は連休が終わってから2度目の定休日です。先週はGW疲れを癒すために、マッサージ師の友達の勤めるお店で1時間揉みしだかれたあと、ビールとワインでへべれけになるという、素敵なお休みを過ごしましたが、今日も今日とて素敵な休日の予感をたっぷりはらんだ昼下がりです。溜まった洗濯をしたり、遅い昼食にサンドイッチを作ったり、大きなマグカップでコーヒーを飲んだり、壊れたステレオに呆れたり、犬を庭で適当に遊ばせたりしています。
さて、GWのバタバタで5月の予定がアップできませんでした。すみませぬ。というわけで。

 3(月) 営業してました。
10(月) 定休日でした。
17(月) 定休日
21(金) Q.bar -Q曜ロードショー("ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ" 流しますヨ!!)
24(月) 定休日
31(月) 定休日

こんな感じでいきます。また何か思いついたらお知らせします。
というわけで、5月も後半ですが、ようやく暖かくなってきました。遅い春を穏やかに、にこやかに過ごしましょう。

あ、写真は春っぽいメニュー「アサリと春キャベツのスパゲティー」です。
[PR]
# by colori_caffe | 2010-05-17 16:14 | colori infomation

シンプル・イズ・ベスト

突然ですが、毎日でも食べられるものってありますか? 
私は、白ご飯と漬物です! イタリア料理やっててそれはないだろうという声は無視して、最近は梅干をおかずに白ご飯をぺろっと3膳分くらい食べます。ご飯ラブ。
はい、そんな根っからの米食い民族代表の私ですが、パスタなら毎日食べても飽きないし、飽きないシンプルなパスタを作りたいと思っています。(と、あっさりと翻ってみる)

そして、この人、最近同じスパゲティーばかり食べてます。(笑)
 ↓
c0170307_16233080.jpgこの嬉しそうな笑顔!
作った私も嬉しい!
これは、コロリの定番メニュー、「トマトとモッツァレラチーズのスパゲティー」です。フレッシュのバジルがあるときはバジルを入れて、ないときは自家製のバジルペーストをちょろっとかけます。トマトとモッツァレラチーズとバジルの組み合わせはイタリアンの定番中の定番ですね。この3種類の食材を塩とオリーブオイルだけで食べるサラダは、カプリ風サラダ(インサラータ・カプレーゼ)と言われますね。赤・白・緑の3色がイタリアの国旗の色ですね、オッシャレー!
(あ、そっか、私もいつかレインボーカラーでサラダ作って、コローリサラダというのを考案しよう。)


というわけで、食べる前のそのスパゲティーはこちら。

c0170307_1631594.jpg


そういえば。
以前一緒に働いていたスタッフのミヤケ君が久しぶりにコロリのパスタを食べに来たときに、とても嬉しいことを言ってくれたのを、いま思い出しました。(この人、たまにものすごく気の利いたことを言う) そのとき彼は、彼のいちばんのお気に入りのプッタネスカを食べていたのですが、こんなことを言うわけです。
「いやぁー、やっぱ、ホッとしますねえ。ずっと同じ人の飯を食ってたのって、母ちゃんと婆ちゃんと、てんちょーくらいですもん」
母の味ならぬ、てんちょーの味ですね。そんな言われ方、ちょっとないですね。てんちょー、ちょー嬉しい。

特別美味しいとか、特別スゴイとかじゃなく、地味でもいいから、滋味のある料理を作りたいです、はい、シャレですみません。
[PR]
# by colori_caffe | 2010-04-23 17:02 | food at colori

みんなで「MILK」を見よう

c0170307_17542394.jpg
コロリでは、金曜の夜だけ営業時間を延ばして、"Q.bar"というバータイムを設けています。Q.barの"Q"は、"queer(クィア)"の"Q"。

はい、ここで豆知識。queerとは、「奇妙な、風変わりな、不思議な」という意味を表す言葉で、もともとは、主に男性同性愛者を呼ぶ別称、差別用語として使われていました。蔑みや嫌悪感を持って使われる、「オカマ」や「ホモ」という言葉と同じようなニュアンスですね。しかし、「オカマ」や「ホモ」の当事者たちが、差別意識を逆手に取り、ラディカルに、むしろ自己肯定的に"queer"を自称しだしたことで、今ではセクシュアルマイノリティーを包括的に指すポジティブな言葉になりました。日本のセクシュアルマイノリティーも「クィア」という言葉を良く使いますし、また、同じようなスタンスで「ヘンタイ」という言葉も使います。しかし、この辺の用語というのは多岐に渡っていますし、それぞれの時代背景や社会状況によって変わるので、定義しにくい言葉ではあります。

というわけで、メルティング・ポットではなくビューティフル・モザイクを目指すコローリカフェの"Q.bar"は、ゲイ/レズビアン/トランスジェンダー/ストレートなど、セクシュアリティーに関わりなく、全てのオープンマインドな人たちに開放するハッピーナイトです。

普段の営業と特に何が変わる、というわけでもないのですが、たまにクィアフィルムを上映したりしています。上映といっても、プロジェクターからの映像を壁に投影させる簡易なものなので、お酒を飲みながらチラチラ見てもらえるといいなあって感じの軽いノリですが。
いままで流した映画は、「プリシラ」「ウォーターメロンウーマン」「ショートバス」「ヴォイス・オブ・ヘドウィッグ」「メゾン・ド・ヒミコ」「ハッシュ」です。
最近寒さのせいか、Q.barの集まりが悪いのですが、月に2回くらいはクィアフィルムを上映していきたいなあと考えています。題して、「Q曜ロードショー」!! (うまい!)

c0170307_17525584.jpg


と、ここで急ですが告知。
4月25日(金)の「Q曜ロードショー」では、映画「MILK」を上映します。
もはや説明不要の「MILK」ですが、ざっくりストーリをAmaz●nさんから引用しますと、

==
1970年代アメリカ、同性愛者であることを公表してアメリカで初の公職に就いたハーヴィー・ミルクの波乱に満ちた短い人生を感動的に描く。
1972年ニューヨーク、ミルクは20歳年下のスコット・スミスと恋に落ちる。2人はサンフランシスコに移り住み、自由な空気のカストロ地区で小さなカメラ店を開く。やがてミルクは同性愛者、有色人種、シニア層など社会の弱者の “声”を伝えるべく政治の世界へと飛び込む。そして1977年、4度目の出馬でサンフランシスコの市政執行委員選に見事当選し、マイノリティを支援する条例を実現するための行動を推し進める。しかし、翌1978年11月27日、彼は志なかば敵対する市政執行委員の凶弾に倒れた。
彼の人生最後の8年間、いったい何があったのか・・・。
==

という、社会派映画です。とても素晴らしい映画でした。アカデミー賞授賞式でのショーン・ペンのスピーチも、脚本家のダスティン・ランス・ブラックのスピーチも感動的でした。

そんなわけで、みなさん、Q.barに遊びに来てください!

Q.bar time on every Friday
22.00 -- 24.00 (last order) / 25.00 (close)
[PR]
# by colori_caffe | 2010-04-15 18:18 | colori infomation

春よ

c0170307_16541652.jpg

雨の4月1日です。
なかなか春めいてくれませんね。この間なんて雪まで降って、この世からうららかな春はなくなってしまったんだろうか、とぼやきたくもなりますが、コロリで小さな春が見つかりました。

店内に、私がとても大事にしている観葉植物があります。これは、30歳の誕生日のお祝いに、そのとき一緒に働いていた仲良しの友達とスタッフから頂いた大きな大きなパキラです。節目の年に大事な仲間からもらったということもあり、絶対枯らしてはいけないと思ってたんですが、今年の冬の寒さで結構弱っていたので心配していてしました。
そのパキラさんの幹の下のほうから新芽が出ていました! あらあらこんなとこからコンニチハという感じです。枝の先からも新芽がたくさん出てきていて、毎朝それらをチェックしては、うん、やっぱり春はやって来るんだね、とそっと肩に置かれた手に頷きたくなるような気持ちになるのです。

というわけで、4月の予定!

5日(月) 定休日
12日(月) 定休日
19日(月) 定休日
25日(日) ★THE L NIGHT 7★(貸切パーティーです。通常営業はいたしません)
26日(月) 定休日

暖かい春を迎えよう。
[PR]
# by colori_caffe | 2010-04-01 16:56 | colori infomation